高尾山さる園・野草園

見る・知る/遊ぶ・体験する

さる園のサルたちになごみ、野草園で高尾山の自然を満喫

60頭以上いるというニホンザルたちが愛らしい姿を見せてくれる『さる園』。ケーブルカー高尾山駅から徒歩3分のところにあり、約2,800平方メートルの『野草園』も併設しています。

さる園

サルたちが園にやってきたのは昭和35年のこと。当初は放し飼いだったため、訪れた人達の間近にまでサルたちが寄ってくる“さる園” として有名だったそうです。現在はガラス越し、もしくは屋上の観察スペースから愛らしいサルたちの様子をじっくり見ることができます。サルたちは、母ザルの名前から一文字もらう“しりとり風”で名付けられます。オソノさんの子どもたちは、ノビタ・ノンキといった具合。
名前を呼ばれると返事をしたり、ジャンプや綱渡りといった芸ができるサルたちもいます。よく見かけるのは、親子や仲良し同士で毛づくろいをしている様子。熱中しすぎて子ザルをモヒカン姿にしてしまった親ザルもいるほどです。また、ボスザルを中心としたサル社会やサルたちの生態については、常駐している飼育員の方が詳しく教えてくれます。

野草園

高尾山の植生は世界的にも有名で、以前は登山道の脇でさまざまな野草を見ることができました。しかし、環境の変化とともに今では見かけることのできない種も増えています。『野草園』では、高尾山で発見され、その名前がついた「タカオスミレ」をはじめ、山中で見られる山野草を中心に約300種類を四季を通じて楽しむことができます。園内に設置されている木道の散策路をたどれば15分ほどでひと回りすることができます。『野草園』の一角には、野鳥たちの自然な姿を観察できるバードウォッチングハウス『憩の館』もあります。

TEL
042-661-2381
アクセス
高尾山口駅下車 徒歩5分、ケーブルカー乗り継ぎ 高尾山駅下車 徒歩3分
URL
さる園
www.takaotozan.co.jp/monkey/monkey.htm
野草園
www.takaotozan.co.jp/wildgrass/